SORW
漫画描きのなんとか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       web拍手 by FC2
noein
色々忙しくて積んだままだった「ノエイン~もうひとりの君へ~」を見終えました。

これは凄いよ…めちゃくちゃ面白い…
ネタバレ含むのでレビューは追記で。
上手く言えるか自信ないですが。

       web拍手 by FC2 と、いう訳でレビュー。

wikipediaの紹介文が、私が書くより分かりやすいと思ったので多少変更して転載させてもらいます。
問題あったら消すけど。


15年後の世界「ラクリマ時空界」は、もう1つの世界「シャングリラ時空界」と恒常的な闘争状態にあった。地上は荒廃し、人々は地下での生活を余儀なくされている。「竜騎兵」たちは超常的な戦闘能力をもって、シャングリラから送り込まれる兵器・遊撃艇を撃破する。しかし、ラクリマの劣勢は誰の目にも明らかだった。かくして竜騎兵に、シャングリラの侵攻を防ぐ切り札「龍のトルク」の奪取が命じられる。

現在、夏。函館に住む小学6年生上乃木ハルカは、友人たちとともに残り少ない小学生生活を満喫していた。唯一の気がかりは、中学受験を母親に強いられ、ストレスで押し潰されている幼なじみ後藤ユウのこと。そんなハルカの前に、黒いマントをまとった一団が現れる。彼ら――ラクリマから転移してきた竜騎兵たちは、ハルカを龍のトルクと呼んで付け狙う。その1人「カラス」は、他ならぬ…


一~二話見た程度では、難解で理解できなくて、とっつきにくいかもしれませんが。
先ずは世界観や空気を楽しんでください。

量子力学による時空論なんかも絡んでくるので、難しいとは思いますが、監督の伝えたい事はDVD8巻まで見ればビシビシ伝わってきます。

ちょっとエヴァっぽい所もありますが、負けず劣らず。
メディアミックスの展開がエヴァより難しい作品なので(あと民報でないのも)、あまり世間に知られていませんが、隠れた名作であることは間違いないと思います。

作画面も、CGとセルの使い分けも上手いと思うので、見てて「ショボイなぁ」とは思いません。
バトルシーンなんかは毎回神憑かっとるよ。
あえて作画を崩して、漫画的な表現でアニメさせるっていうのは、一見手を抜いているようですが、迫力はあります。


大まかな話のコンセプトは、「無限に広がる、未来への選択肢」。
パラレルワールドと言えば分かりやすいでしょうか。

主人公のハルカは「異なる時空の過去・現在・未来」を見つめ、その時空を制御する「龍のトルク」の力を利用しようとする者たちに巻き込まれていきます。
ただ、登場人物は「別の世界の住人」ではなく「ココとは異なる過去から始まり、異なる未来へと繋がる、異なる自分達」。

キャッチコピーの「僕の大切な人を奪いにきたのは、僕だった」というのも、文だけ見れば謎ですが、上記の説明で分かってもらえると思います。
また、このキャッチは最後の最後でまた効果を発揮するところが素晴らしい。
そこまで理解すれば、サブタイの「~もうひとりの君へ~」の言葉も意味を持って強い物になってると思います。

「~もうひとりの君へ~」は、主人公ハルカの言葉。
「僕の大切な人を奪いにきたのは、僕だった」は、もう一人の主人公ユウの言葉じゃないのかなと思ってます。

未来への選択肢は無数にあるけど、その殆どに不幸や苦しみが待っている。
それでも、それを恐れずに進むというのがテーマだと思います。
主人公達が小学6年生という、スレてないけど ある種の人生の選択の場に立っている年齢というのも、計算されてたんだろうなぁ。

現代の社会批判的な部分もあるなぁとか思いながら。

ギリギリまで「シャングリラが何故攻めて来るのか」は分かりませんが、それも最後まで見ればちゃんと分かります。

wikipedia見て知ったんですが、ノエインというタイトルはギリシャ語で「認識」を表す言葉だそうです。
それが何?と思うでしょうが、自分の存在を確定するのは他人からの「認識」であるというのが、もう一つテーマとして入ってます。
量子という認識できない物に頼ることを否定してるんだろか。
もしかしたら引きこもりに対するメッセージなのかもしれない。

とりあえずWikipediaとアマゾンにリンク張っておきますが。
Wikipediaはもっとネタバレ。
アマゾンもDVD全8巻となるので、値段的に高くなります。

でもオススメです。
下手な文ですが、上記を読んで「面白そう」と思った人はバンダイチャンネルで一話が無料視聴できるので、そっちにもリンク張るのでご覧あれ。

「ひぐらしのなく頃に」のパラレルワールド感が好きな人は面白く見れると思いますよ。

と、いう訳でリンクを残して「ノエイン~もうひとりの君へ~」レビューを閉じます。



バンダイチャンネル「ノエイン~もうひとりの君へ~」

Wikipedia

アマゾン
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻 ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻
赤根和樹、 他 (2006/01/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sorw.blog21.fc2.com/tb.php/162-cc07cff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。