SORW
漫画描きのなんとか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       web拍手 by FC2
猫鮪
お魚(カジキマグロ)咥えた猫と猫好きなさゆり。
(ギャグマンガ日和より)


出来るだけ絵を描いていこう、気づいたら無くなってる気もするけど。


絵は置いといて借りてきたDVDの事を。

□BROTHERS GRIMM
□木更津キャッツアイ・日本シリーズ
       web拍手 by FC2

まずはブラザーズ グリムから。

グリム童話を元にしたパロディと兄弟愛。
グリムが描いた童話は、実は本人が体験した事実を元にしたものだった…という感じで作られてます。

魔物退治の達人として名を馳せているグリム兄弟。
高額な報酬と共に退治を請け負うが、実は全て自作自演の詐欺兄弟。

有る日それが発覚し、死刑に処されそうになる。
回避する為には、ある村に行き、その村で起こっている「連続小児失踪事件」を解決せよという事だった。

その村に向かうグリム兄弟。
村人から消えた子供達の話を聞きながらも、いつもの手段で自作自演を行い、村人達に「魔物は退治した」演技をしようと下準備を進める。
森の中の魔女に連れ去られたと喚く村人達。
兄弟は、自らも妹二人を連れ去られた女性にガイドを頼み、森に入る。

だが、その森は今までの迷信や伝承などではなく、本当に魔女の住む森だった…

金と名誉を尊重する現実主義者の兄と、心から「物語」の世界を信じ夢見る弟。
真の魔の森を体感することで、兄弟が対立し始める。
向かえば魔女、逃げれば詐欺罪で死刑。
反発しあう兄弟はどうするのか。


という感じで、なかなか面白い映画でした。
ドップリ完全にファンタジーにされると嘘っぽくなったりもするんですが、その感も少なく。
剣や魔法で戦うというのでも無くてよかった。
そういうファンタジー感は日本人が作ったもので、実際の魔法というのはそういうものじゃない、とどこかで見た気がする。


そして木更津キャッツアイ・日本シリーズ。

28日にワールドシリーズが公開されるので、それまでに見ておこうと。
ドラマも飛び飛びですが再放送で見てました。

相変わらずのはっちゃけっぷり。
あれだけグチャグチャと色々やりながら最後には面白くまとめるのは凄いなぁ…
ゴミンゴは要らない気もするけど。
ウッチーが好きだわ、そして兄貴カッコイイなぁ。


誰かMAXコーヒーをください。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sorw.blog21.fc2.com/tb.php/189-01dd42f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。