SORW
漫画描きのなんとか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       web拍手 by FC2
\(^o^)/
後半がやっと描きあがりましたー
あばばばばば。

アトピーになったり軽いパニックで不眠になったり自炊全然できなかったり一枚のトーンの為に3時間も無駄にしたりと色々ありましたが、無事終われて本当によかった…

まだもう少しやる事は残ってますが、少しはゆっくり出来る筈。

バリバリ掃除しなければ。



忙しくて反応できなかったのですが、久石さんがアシスタントについて問いかけてたので追記で書いてみます。
久石さんに限らず、これからアシスタントをしたい、アシスタントに興味があるけど具体的な事が分からないという人はどうぞ。
       web拍手 by FC2

週刊アシスタントについて。

あくまで聞き知った話で、私の職場がどうだという事ではない…という事で話をさせて頂きます。

・仕事日数について
これは作家先生のスタイル次第です。
というか以下も全部そうなんですが。

速い職場なら1~2日で終わってしまう職場もあれば、6日かかる職場もあると聞きます。
先生の描くスピード、作業形態、泊まりか通いかでも変わります。
(まぁ週刊の職場は殆ど泊まりでしょうが)
曜日についても先生次第です。
毎週決まった曜日に入る職場もあれば、不定期な職場もあります。

拘束時間、徹夜の有無も先生次第なので、一概には言えません。
ただ、どこでも最初は様子見の期間があると思うので、そこで自分も雇う側の先生もこの先続けられるかという判断ができるのではないかと思います。
まぁあまり我を通そうとすると、どこにも行けない可能性もありますが。

・給料について
一人暮らしができる程度(贅沢ができるかは不明)は保障されます。恐らくは。
これも先生次第で大きく変わるので、一概には言えません。

・技術について
十中八九アシスタント経験がないと、最初は力足らずです。
へこむ事もあると思いますが、その悔しさを糧にスキルを磨いてください。

また先生によって作業内容も大きく違ったりします。



結局結論は、何もかも先生次第なので一概に言えませんという事です。
ただ住めば都、入って慣れればどこででもやっていけると思います。


一番必要なのは、最低限の社会常識と社交性・協調性でしょうか。
技術がいくらあっても、職場の空気を悪くする人とは一緒に居づらいものだと思います。


いろいろ書きましたが、プレッシャーに感じずに来て下さい。
勿論、アシスタントをせずに漫画家を目指すという道もありますし、実際そうしてデビュー・連載している先生も居ます。
至る道は一本ではないので、自分に合う道を自分で決めて下さい。


・おまけ
月刊の場合はまた事情が変わってきます。
地方で描いている先生も多く居るようなので、通いで月に何日間かという形態が多いようです。

またデジタル原稿で描いている先生の中では、データで原稿と指示を与えて在宅作業という形態もあるようです。



長々書きましたが、至らない部分、質問があれば答えられる範囲で答えます。
私がどこの職場で、どういう形態で働いているのかという事は、ココでは伏せさせて頂きます。


記事に問題があれば削除します。ご了承下さい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sorw.blog21.fc2.com/tb.php/304-d4ecc1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。